第D分科会 「いじめ、不登校、ひきこもりに陥る、子どもたちの心の仕組みを理解しよう!」

〜心がかぜをひくとき〜

西九州大学非常勤講師

臨床心理士 吉村 春生

 

分科会Dでは、「いじめ、不登校、ひきこもりに陥る、子どもたちの心の仕組みを理解しよう!

〜心がかぜをひくとき〜」と題して、以下の内容で、現代の子どもたちが抱える心の問題とその対処法について熱く話し合います。

 

1. 揺れる子どもたち(問題行動、不適応行動)の増加の背景にあるものとは?

・抑うつ症状を訴える、心の悩みを抱え保健室を利用する、子どもたちの増加、            

 ・不登校児童生徒及び高等学校中退生徒の割合、高い水準で推移

 ・小中高等学校の暴力行為、いじめ、虐待の増加

2. 心とは?

・心を構成する3つの要素とは?

・認めがたい欲求や願望,負の感情(不安,怒り,悲しみ,つらさetc)は無意識の世界へ(抑圧)

・わかっちゃいるのに適切な行動がとれないのはなぜ?

・思考や行動が固まってしまう(フリーズしてしまう)時の心のメカニズムとは?

3.    人間は不安な生き物!

・生理的早産説(ポルトマン) 

・不安感が高まりやすい3つの場(⇒食,睡眠,排泄)、3つの発達段階(⇒乳幼児期,思春期,老年期)

   ・「三つ子の魂百まで」の本来の意味とは?

   ・よい子の心理(過剰適応) 

4.    心の育ちにおいて一番大切なものとは?

  ・「甘えた子が自立する」⇒「安心感」のコップ、「安心感−しつけ−学習」との関連!

・安心感の量が不足しがちの子どもが多いのはなぜ?

依存症に陥りやすい人の心理特性とは?(アルコール,ギャンブル,ショッピング,薬物etc

5.心のSOSとストレス

   ・ストレス反応の4段階 とは?(@抑うつ・不安⇒A不機嫌・いらいら⇒B無気力⇒C身体症状) 

・生きる3原則(食・眠・排泄)への影響!

 (@過食⇔拒食<摂食障害> A過眠⇔不眠<睡眠障害> B便秘⇔下痢<夜尿,頻尿>)

・あたると“しかる”の違いとは?

・いじめ,非行の背景にあるものとは?

・安心感とストレス耐性との関連(がまんできる子−できない子)

6.心の健康(安心感)を育むには?

【ポイント1】心理的に安全な空間(評価や変化の圧力を行使しない空間)の確保!

安心感を育む場(甘えのサイン⇔キャッチング)の確保!

【ポイント2】子どもたちの自発的な表現を受け止める場の確保!

【ポイント3】「学習・行動理論」に基づいた教育実践!

「やる気」を起こさせる3つの要素(理解動機、達成動機、顕示動機)

【ポイント4】「守りの枠」の確保!(母親等を守る、子どもたちを見守る大人にも安心感が必要) 

7.おわりに

   ◆「人間は甘えが機能する(“安心感”が供給される)と自己成長力、自己治癒力が沸いてくる!」

   ・「思春期・青年期の子どもたち」の心を癒す音楽とは?⇒「Dear  Mama

   ・甘えられる相手がいる子は幸せな子!、子どもたちは親を選んで生まれてくる!