第E分科会  「うちの子は自閉症 番組上映&おやじの自省」
 〜わが家庭をドキュメンタリーに〜

RKB毎日放送報道制作センター テレビ制作部長兼解説委員(福岡東特別支援学校 おやじの会)

                                        神戸金史


 自閉症は、対人コミュニケーションに問題が起きる先天性の障害ですが、見た目では分かりません。子供の成長とともに、親は「あれ、何だかおかしいな」と悩み始めます。うちの場合は、3歳の検診で「自閉的傾向がありますね」と言われました。
 コミュニケーションする能力が低いと、うちの子のように言語を獲得できずに知的障害と認定されますが、話もできて高学歴であっても、対人コミュニケーションに問題があり、生きにくさを感じている人は多いのです。
 我が子が自閉症を持っているのではと母親は悩みますが、障害の特性が分かっていない父親は。その結果、取り返しのつかない悲劇が各地で起こっています。RKB毎日放送の1時間ドキュメンタリー「うちの子〜自閉症という障害を持って〜」は、長男と妻を主人公に私自身が制作し、2005年の「JNNネットワーク大賞」を受賞しました。番組を観ながら、父としての自省を交えて、いろいろなお話をしましょう。(サミット実行委員 神戸金史)

 

放送後に啓発キャンペーンに採用された長男の写真

I分科会かねすけ君データ.jpg