F分科会 「よそはどげんしよんしゃーと? 県外の活動事例。」

北海道真駒内養護学校長、元北海道拓北養護学校おやじの会代表 福井一之

前北海道高等盲学校PTA会長、前北海道特別支援教育関係PTA連絡協議会会長 原澤昭浩

宮城県 父さんたちのネットワーク 大崎市 鹿島台おやじの会 照井貴広

宮城県 稲井オヤジの会 千葉政徳  

コーディネーター:菊池 孝浩(壱岐なおやじ)

プロフィール

福井一之(現在:北海道真駒内養護学校長、元北海道拓北養護学校おやじの会代表)

・平成14年、長女が拓北養護学校学校(肢体不自由)に在籍している時、「拓北養護学校おやじの会」をたちあげる。その後、全道の特別支援学校に呼びかけ、全道おやじサミットを開催を仕掛けた。昨年の全国サミットでは、実行委員会スーパーバイザーとして大会成功に尽力した。

原澤昭浩(前北海道高等盲学校PTA会長、前北海道特別支援教育関係PTA連絡協議会会長)

・平成13年 札幌市立手稲中央小学校おやじの会を立ち上げ PTAに頼らない活動を行う

・平成23年より2年間、特P連会長として、全道おやじサミットの開催を支えるとともに、昨年の全国サミットでは、IT技術やイベントプロデュス等の得意分野を発揮して総合監修担当として成功に導いた。

 

 

北海道特別支援学校おやじネットワークの取り組み

北海道編

 

北海道特別支援学校おやじネットワーク

 

 平成15年2月厳冬期、札幌の居酒屋は異常と思えるほどの熱気に包まれていた。

真駒内養護学校のおやじの会納会の場で、道内の特別支援学校54校(当時)に呼びかけて「サミット」をやろうということで話がまとまった!

言い出しっぺは、大人しいおやじ達ではなく、紛れもなく無類の酒好きイベント好きであった親分こと佐藤満雄校長(校長会のリーダー)であった。

酒の勢いというものは恐ろしい。その年の11月には、第1回の全道特別支援学校おやじサミットが初冬の真駒内養護学校を会場に開催されたのである。全道から約200名が集まった。講演、シンポジウム、懇親会と盛り上がってしまい、これですっかり味をしめたのである。

 以後、旭川、札幌、網走、札幌、函館、帯広、札幌と全道各地を周り、H24は全国サミットを成功させるため、順延、25年度は旭川で9月に開催される。

 本ネットワークは、全国サミット同様に固定化した事務局はないが、全道の特別支援学校のおやじ達有志が各学校の先生やPTAの支援を受けながら、おやじの会の活動を通じて交流し、子供のことを語ったり、講演などで学んだりしている。

 

 

 

 

真駒内養護学校のおやじの会

 

 平成12年、校長先生が2人のおやじに声をかけ、おやじの会が始まりました。「都合のいいときに、やりたいことを」というポリシーで、看板作り、そば打ち、懇親会などを重ね、平成14年には『おやじの会夏祭り』を開催。今では地域の方も含め300人以上が集まる「地域のお祭り」になりました。また外遊びをする機会が少ないこどもたちに「風を感じさせたい!」という熱い思いで『おやじと遊ぼう』という企画を始めます。「チャリタク」「車いすダンス」「車いすサッカー」「雪と遊ぼう」などの遊びを通してこどもたちを支える人の輪が広がりました。おやじの熱い想い、自由な参加スタイル、大胆な発想と実行力が会を支えてきましたが、最近若いおやじ2人が入りましたので、原点に帰っておやじの思いを語るところから新たな仲間づくりをしていきたいと思っています。

 

 

 

北海道網走養護学校のおやじの会

 

 PTA活動をどのようにして活性化させるべきか、特に父親のPTA活動への理解と参加を促すために平成17年に立ち上げられました。「できるところから始めよう」ということで、色々なアイデアを出していただき、自分の得意なところを生かしながら活動が進められました。運動会など学校行事での販売活動や日ごろの悩みや思いを語り共有し合う「おやじの思いを語る会」の開催、地域行事への出店と参加、余暇活動の充実と交流活動としての大芋掘り大会や雪山作り・雪と遊ぼう会など多彩な活動が行われております。これらの活動は、初年度に全て形づくられており、当時のおやじ達の勢いが感じられます。今でもOBとなったおやじ達が積極的に活動に協力参加していただいています。このつながりが網走養護学校おやじの会の「良さ」かもしれません。

 

 

「いまこそつながろう おやじのネットワーク」

ー東北編ー

宮城県 父さんたちのネットワーク

大崎市 鹿島台おやじの会 照井貴広

 

一昨年の東日本大震災においては、被災地である私たちに 多大なるご支援・ご協力及び全面的な「お父さんたちのネットワーク」へのご信頼をいただき本当にありがとうございました。

私たち、宮城県のおやじの会では、各会ごとに「学校に泊まろう」、「お祭り」、「キャンプ」などさまざまな特色ある行事を行っております。さらに、宮城県内のおやじの会の「お父さんたちのネットワーク」では、「ミステリートレイン」、「遊びのバザール」、「おやじソフトボール」など子供とおやじが一緒になって楽しむイベントを企画開催してきました。

さらに、その拡大版として2006年11月には、「みちのくおやじフォーラムinみやぎ 『父かえる』」を開催、2008年2月には「日韓おやじフォーラム2008 in みやぎ」を開催して、東北各地、韓国のおやじたちとの交流も行って来ました。

その後、しばらくは東北各地のおやじの会との交流はありませんでしたが、2011年3月の東日本大震災で、岩手県奥州市のおやじからの呼びかけによる、文房具の支援活動をきっかけに、ネットワークと通じての沿岸部の小学校への支援活動を行ったのでした。

その後、もっと東北のおやじたちとのネットワークを深めようとのことで、宮城県生涯学習課のご協力の元、昨年から東北各県のおやじの会の方々をお呼びして、宮城県内各地で「お父さん会議」を開催し交流を始めたところです。

今後も、もっともっと東北各地のおやじたちとつながりたいと思っております。

宮城県 稲井オヤジの会 千葉政徳

 東日本大震災から2年6ヶ月を迎えようとしています。稲井オヤジの会へ逸早く支援物資を送ってくださった「小笹おやじの会」「長尾小学校おやじの会」の皆様方が居なければ今日の稲井オヤジの会はありませんした。遠く九州の地から多くの支援物資が届き驚愕したのを今でも思い出します。我々、稲井オヤジが震災後に初めて活動したのが、この支援物資を稲井学区内で配布するという事でした。こういう活動が無ければ稲井オヤジは消滅していたでしょうし、今こうして私自身が福岡の地に立つことは無かったと思います。

 

1.    稲井小学校はほんの少し内陸にあった為、津波の被害は皆無でしたが、学区内の河川側は被災し、多くの家が全壊となり、不自由な避難生活を小学校や公民館で送りました。また、沿岸部で被災された方が津波から逃れ、山を越えて稲井小学校へ避難してきました。学校は学校でなくったと、あの頃はそう感じました。

2.    津波の被害が無いという事で稲井小学校に「渡波中学校」、稲井中学校に「渡波小学校」の仮設校舎がそれぞれできる事になり、仮設校舎に通う子供たちは市内に点在する仮設住宅や沿岸部の家からバス通学をしており、精神的な負担も多いとおもわれます。中体連等のスポーツイベントがあれば部活もしますが、バス時間に追われるあまり生徒会活動も行われておりません。

3.    学校の中に仮設校舎が建つということは色々な活動が制限され、運動会などの行事は隣接する稲井中学校の校庭を借りています。それぞれ4校が稲井中学校で運動会を開催しているので学校側のスケジュール調整も切り詰めており、最悪の場合(雨天時)は翌年に運動会が持ち越されてしまう場合もあります。通常の場合、授業や遊び場としての活動は稲井小学校の校庭を使用していて、遊具の半分は仮設校舎と密接している為に使用禁止になっていて、夏場のプールもそれぞれ分担制になっています。

4.    今、子供たち(小学生)に最も心配されることがあります。それは運動不足による運動音痴がでてしまうということ。津波で全壊した小学校が同学区内の中学校校庭に仮設校舎を建て学び場として通学しています。中学校には鉄棒があっても小学校にある遊具は何一つありません。滑り台の階段を上り台をすべる、ブランコをこぐといった一連の動作は低学年からの基礎運動をするために欠かせない遊具だといいます。では、遊具を持ってくれば良いのかというとそうではなく、ここにも多くの問題があってなかなかうまくいかないのが現状のようです。

5.    現在の活動は津波で被災した幼稚園・学校だけではなく、地震での被害があった内陸側や仮設住宅から多く通園・通学している施設の支援をしております。被災者も市内に分散しており、施設に被害があるなしに関わらず子供たちと教職員の支援をしています。