I分科会 

特別支援学校とは、障がい児教育とは? 来て、見て、感じて、大いに語り合おう!」 〜あなたが生まれてよかった〜

社会福祉法人 葦の家福祉会 施設長 小関正利

I分科会 テーマ

特別支援学校や特別支援学級(含 通常学級)等に通う児童生徒の学校生活、家庭生活、地域における生活をおやじの立場から考え、一人一人のQOL向上を目指そう

 

  平成19年4月より学校教育法の改正により福岡市では、障がい児教育(法令上は、特殊教育と呼ばれていた)から特別支援教育と呼ばれるようになりました。これに伴って養護学校は、特別支援学校、特殊学級は、特別支援学級と呼ばれるようになりました。     

この動きは、2006年12月13日に国連総会において採択された国連障害者権利条約(21世紀初の国際人権法に基づいた人権条約)から急速に始まっています。日本政府の条約署名は、2007年9月28日でしたがいまだに日本は批准しておりません。理由は、国内法の矛盾点を洗い出し、法整備に時間がかかっていると聞き及んでいます。

 障害者権利条約第24条には、『インクルーシブ教育システムとは、人間の多様性の尊重等の強化、障害者が精神的及び身体的な能力等を可能な最大限度まで発達させ、自由な社会に効果的に参加することを可能とするとの目的の下、障害のあるものと障害のない者が共に学ぶ仕組みであり、障害のある者が教育制度一般から排除されないこと、自己の生活する地域において初等中等教育の機会が与えられること、個人に合理的配慮が提供される等が必要とされている』と書かれています。この理念は日本に十分浸透しているわけではなく特に日本の法律には矛盾があるため法の改正が必要になっているわけです。

 今後、個別の教育的ニーズのある児童生徒に対して、自立と社会参加を見据えて多様で柔軟な仕組みを整備することが重要であると文部科学省は「共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進(報告)」の中で述べています。

 そこで本分科会では、分科会テーマを中心に以下の内容を協議の柱に据えておやじの会の皆様と語り合いたいと思います。

 

1 生まれる命について 〜出生前診断から考える〜

2 就学相談について考える 〜相談の制度から考える〜

3 学校教育について考える 〜交流教育、地域交流から考える〜

4 卒後の進路について考える 〜活動と社会参加の視点からQOL向上を考える〜