第J分科会

「おやじにできること? 何でもしゃべりば! ワールドカフェ”」

これぞ、おやじサミットの王道! オレ流育論(おやじ論)をみませんか?

“学校”、“地域教育”、“就労”、“ノーマライゼーション”と・・・テーマは無限大!

 

コーディネーター 佐藤 隆司(壱岐なおやじ・壱岐小おやじの会)

 

オレ流教育論に関するテーマでワールドカフェ方式にて討議を行います。

ご参加いただく、おやじの中には立場や、家庭環境によって、いろんなオレ流をお持ちの方がいらっしゃると思います。

皆さんのアイデアをワールドカフェで共有して、新しいオレ流教育論の気づきを見出しましょう。

また、オレ流教育論の中に、“ノーマライゼーション”という視点でもお話しをしたいと考えています。

本来は健常者と障がい者は、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にすべきと考えていますが、実際は健常者の大人の方が見えない壁つくり、子ども達との距離を作っている事があるように感じています。

逆に子ども達は、そのような意識は全く無く、お互いに出来ない所を無意識にフォローしながら普段と変わらない仲間として遊んでいます。

この意識のギャップを埋めるために、おやじのオレ流教育論で取組み、共に楽しい社会生活ができる地域にしましょう。

 

 いろんなおやじ集まれ!

これからが教育の本番という新米おやじ

今、教育に奮闘しているパワフルおやじ

教育が落着いた先輩おやじ

   地域を楽しみたいおやじ

 


◆ワールドカフェとは?

1995年に米国のアニータ・ブラウンとデイビット・アイザックスが開発・提唱した“対話法”。カフェのようなリラックスした雰囲気の中で、テーマに集中した会話を行うというものだ。
 5、6人単位で1つのテーマを一定時間話し合い、終わったらメンバーを取り替えて、また同一テーマで話し合うことを繰り返す。

メンバーを変えながらグループで話し合いを続けることで、あたかも参加者全員で話し合っているような効果が得られる。
 また、参加者のアイデアがつながりあって、新しいアイデアや「気づき」が得られる。その結果、重要な課題についての対応力を向上できる。


何が重要かにフォーカスしよう

あなたの考えを述べよう

心に感じ、頭に浮かんだことを話そう

理解するためによく聴こう

■ アイデアをつなげよう

洞察と深い質問に、共に耳を澄ませよう

  遊んでください!いたずら書きをしてください!絵を描いてください!

 

 

おやじの会の紹介

 壱岐小学校 おやじの会(福岡市) 設立2008年  会員60名

  〜壱岐なおやじ〜

(壱岐中おやじの会、壱岐小おやじの会、壱岐東小すだちの会)

 

〈活動方針〉

・「できる人が、できる時に、できる事をやる」をモットーに明るく楽しい会の運営

・子供が喜ぶ親子参加型イベントの検討・実施

・地域とのつながりと子供たちの健全育成に向けた活動の展開

 

〈主な活動〉

 

活動区分

活 動 内 容

1

 4

おやじの会

入学式(記念写真手伝い・ 新入会員の勧誘)

2

 5

学校サポート

運動会(駐車場整備、周辺警備)

3

 6

おやじの会

ファミリーバーベキュー

3

7月

 

 

 

地域サポート

夏まつり(拾六町出店)

4

地域サポート

夏まつり(西の丘出店)

5

地域サポート

夏まつり(生松台出店)

6

地域サポート

自治協 夜間パトロール

7

8月

地域サポート

自治協 夜間パトロール

8

9月

 

おやじの会

福岡市おやじサミット参加

9

おやじの会

ファミリー登山

10

10月

 

地域サポート

河川清掃(十郎川・名柄川)

11

地域サポート

いきいき祭(地域の運動会での出店)

12

11月

 

学校サポート

壱岐いきフェスタ(駐輪場警備、出店等)

13

地域サポート

壱岐文化祭(機材搬入等)

14

12月

 

地域サポート

餅つき(社協主催)

15

地域サポート

夜間パトロール

16

1

地域サポート

餅つき

17

3月

おやじの会

親子参加BBQ